2010年10月31日

不登校・発達障がいと医療 〜11月14日(日)東京都内で開催

11月14日、次のような集まりがあります。ぜひお出かけください。(考える会会員の方は割引もあります。割引は事前登録が必要ですので、考える会事務局までお知らせください)

登校拒否・不登校を考える全国ネットワークホームページ(http://www.futoko-net.org/news/2010/post-11.html)より転載


  不登校・発達障がいと医療について考える集いを、児童精神科医の門 眞一郎さんをお招きして、11月14日(日)、東京都お茶の水の明治大学「紫紺館」にて開催します。


●日時:2010年11月14日(日)午後1:00〜5:00

●会場 明治大学駿河台キャンパス 紫紺(しこん)館(最寄り 御茶ノ水駅、神保町駅)

●参加費 1500円(事前申込み不要、団体正会員には割引あり)

 現在、不登校や発達障害をめぐって医療に関わる人は増えており、どう考えたらいいか悩む、という声も寄せられています。そこで、精神科医の門 眞一郎さんをお招きしての講演と、当事者の親の立場からのシンポジウムの二本立てで、子どもたちと医療との関係、連携のあり方について考えあいます。

 親の方をはじめ、医師や医療に関わる方、教員や教育関係の方、カウンセラー、福祉関係の方、学生さんなど、子どもに関わる様々な立場の皆さんの、全国各地からのご参加をお待ちしています。

●プログラム

* ごあいさつ 1:00〜 代表理事 奥地圭子
* 【第1部】1:05〜門 眞一郎さん講演
* 【第2部】3:15〜親の立場から考える医療シンポジウム

●講師:門 眞一郎(かどしんいちろう)さん

児童精神科医。1948年広島県生まれ。

この3月まで京都市児童福祉センター・京都市発達障害者支援センター"かがやき"センター長を兼務。昨年秋の日本児童青年精神医学会第50回京都総会では会長を務める。

現在も京都市児童福祉センターに非常勤の児童精神科医として関わる。



●会場「明治大学 紫紺(しこん)館」

 JR総武線「御茶ノ水駅」
 地下鉄半蔵門線・新宿線・三田線「神保町駅」など
 千代田区神田小川町3−22−14

●参加費:1500円

 ※登校拒否を考える会の会員の方はは事前申込みで500円に割引します。
  事前にお知らせください。(03−5993−3135)

●NPO法人登校拒否・不登校を考える全国ネットワーク主催

●独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興 助成事業

posted by 考える会 at 22:09| そのほかお知らせ